適切なスキンケアでシミ予防軍を食い止める!

シミやそばかすって、一度できてしまったらなかなか消えないやっかいな存在ですよね。

 

シワやたるみ同様、肌のお悩みでも上位にくるのがこのシミ・そばかすです。

 

ですが、今現在肌に現れているシミ・そばかすがすべてではないということ、知っていますか?

 

 

と言うのも、シミ、そばかすには「予備軍」というものが存在しています。

 

よく、バラエティ番組などで顔にブラックライトを当てて、肌表面にまだ出ていないシミやそばかすの予備軍が浮き上がって見える…というのをやっていますよね。

 

この予備軍は肌の表面には出ていないため見えないのですが、さらに紫外線を浴びたりするとシミ・そばかすとなって表に出てきてしまうのです。

 

このシミ予防軍ですが、

 

表には出てきていないとは言ってもある程度メラニン色素が作られている証拠。

 

これ以上メラニン色素が作られると、シミやそばかすとなって現れてしまいます。

 

ですから、シミ予防軍があることがわかったらこれ以上メラニン色素を作らせないようにしていく必要があります。

 

では、どのように対策を取っていけば良いのでしょうか?

 

 

そもそも肌の中でメラニンが作られるというのは、それだけ紫外線などによる肌へのダメージを受けているということです。

 

悪者のように扱われるメラニン色素ですが、紫外線を受けた肌を守ろうとしてメラニン色素という盾が作られるわけですから、体の防衛本能だということを忘れずに。

 

ですから、紫外線をしっかりとカットしてメラニンが作られるような状況をなくしていくと、シミ・そばかすが作られることもなくなっていくというわけです。

 

「紫外線の季節」というと、多くの方は夏場など日差しの強い時期をイメージするかもしれませんが、紫外線は一年中いつでも降り注いでいます。

 

晴れの日はもちろん、雨の日でも紫外線は地上に届いていますし、地面を反射してあちこちから肌を攻撃してくるのです。

 

ですから、今日は雨だから日焼け止めを塗らなくても大丈夫…という状態が続けば、シミ予防軍も知らず知らずのうちにメラニンを蓄えていき、いつの間にかシミ・そばかすとして表面に出てきてしまうのです。

 

これを防ぐためには、やはり日焼け止めをしっかり行うことが大切です。

 

 

そして、もうひとつ。

 

見えない部分のメラニン色素には、しっかりとスキンケアを行いましょう。

 

美白に特化した化粧水や美容液などはもちろん、最近では「ハイドロキノン」という成分が美白に効果てきめんだということでクリームなどとして市販されています。

 

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」なんて言われるほど強力な漂白作用を持っている成分で、工業用部品や染料などの原料としてもともと使われていました。

 

こういった最新の注目成分を試してみるのも良いでしょう。

 

肌に良いと誰もが知っているビタミンCはもちろん、ビタミンCと同じ強い抗酸化作用を持っているビタミンE・Aを摂取するというのも良いですね。

 

紫外線をカットして外側からスキンケアを、内側からも肌を美しく保つ栄養分を補給してあげることで、シミ予防軍はもちろん、既存のシミ・そばかすの改善にも期待が持てそうです。