体に良い「ビタミン」、シミ&そばかすにどんな効果がある?

女性の永遠の敵とも言えるのが「シミ」「そばかす」です。

 

シワなどももちろんですが、特にシミやそばかすは目立ちやすく消えにくいやっかいなもの。

 

シミやそばかすは主に紫外線を浴びるとできてしまうものですが、予防することはできても一度現れたシミやそばかすはなかなか退治できませんよね。

 

加齢などの原因もありますが、紫外線によってできてしまったシミやそばかすはいったいどうやって対処すれば良いのでしょうか?

 

 

まず、シミやそばかすができる原因は「紫外線」だと前述でもありましたね。

 

紫外線は夏場はもちろんですが、実は冬でも雨の日でもいつでも、一年中降り注いでいるものなんです。

 

この紫外線は私たちの皮膚を通り過ぎて皮膚の下、皮下組織まで攻撃してきます。

 

夏場に長時間日に当たっていると、皮膚が真っ赤になってまるで火傷をしてしまったかのようにヒリヒリとした状態になりますよね。

 

ひどい場合には水ぶくれができてしまったり、皮膚がさらに炎症を起こしてしまったりととっても危険な状態になりかねません。

 

ここで、肌を紫外線の攻撃から守ろうとするのがメラノサイトと呼ばれるメラニン細胞です。

 

このメラノサイトは、紫外線が皮膚の奥に入り込んでくるのを阻止するためにメラニン色素という盾を作り出します。

 

これが、シミ・そばかすのもととなるのです。

 

ですから、シミやそばかすができるのは紫外線から皮膚を守ろうとする体の防衛反応だということなんですね。

 

…とはいえ、女性にとってやはりシミやそばかすができないに越したことはありません。

 

シミ、そばかすができてしまった場合、ちょっとでも薄くしたい!と願うのならば、体の内側から直接働きかけるようにしてみましょう。

 

 

シミやそばかすに効果的だと言われているのが「ビタミン」です。

 

 

 

■ビタミンC

 

言わずと知れた美容に良い成分の代表です。

 

ビタミンCは、シミ・そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑制するという働きを持っています。

 

そのほかにも、肌のハリを保つのに欠かせないコラーゲンの生成を促してくれたり、余分な皮脂の分泌を抑えてくれるのでニキビができにくくなる…など、肌にとって嬉しい効果が満載。

 

また、シミやそばかすだけでなくニキビができる原因とも言われている活性酸素を抑え込んでくれるのもビタミンC。

 

抗酸化力を持っているビタミンCは肌を強くするほか、体全体の抵抗力を高めてくれるという効果も持っていますので、ぜひ積極的に摂取したいものです。

 

ビタミンCはおなじみのレモンやアセロラのほか、意外にもパセリやパプリカにも多く含まれています。

 

幅広い食べ物に含まれていますので摂取しやすいのですが、体に溜め込んでおくことができないので1日3回の食事はもちろん、サプリメントなどを飲むのも良いでしょう。

 

 

 

■ビタミンE

 

ビタミンCと一緒に摂取しておきたいのがこちら。

 

アーモンドや植物性の油に多く含まれているビタミンEですが、これもビタミンC同様に強い抗酸化作用を持っています。

 

また、ビタミンCが水溶性なのに対してビタミンEは脂溶性。

 

つまり、ビタミンCではカバーできない部分もビタミンEならカバーしてくれるということですので、一緒に摂取するように心がけると良いでしょう。