生活習慣とシミって何か関係があるの?

みなさんは、美しい肌や体を維持するため、また健康をキープするために何か意識しているでしょうか。

 

スキンケアを毎日行っているとは言っても、つい忘れてしまう…ということってありますよね。

 

また、メイクを落とさずに寝てしまっただとか、ストレスを溜めこんでしまったとか、生活習慣に関して「つい」が多くなっていませんか?

 

本当に美や健康を意識していると、おのずとそれが行動につながりますので「つい」がどんどん減っていきます。

 

こうして生活習慣を少しずつ正していくことで、健康的な体をキープできるほかにも嬉しい効果がたくさん得られます。

 

たとえば、美しい肌が手に入るということ。

 

一見あまり関係ないように思えるシミやそばかすと生活習慣ですが、実はいろいろな要因が考えられます。

 

シミができてしまうもっとも大きな要因ですが、それは紫外線を浴びることです。

 

紫外線を浴びるということは、肌にとって大きな負担になりますからできるだけ避けたいものですよね。

 

シミを絶対作りたくない!と思っている方の場合、紫外線対策として日焼け止めクリームを塗ったり、日傘や帽子などなんらかの対策グッズを使うことが多いと思います。

 

一方、出かけるときに日傘を忘れちゃったとか、日焼け止めを塗ってくるのを忘れてしまった…ということは、普段からそういった習慣ができていないということ、つまり生活習慣ともつながります。

 

またそれだけでなく、シミのもとであるメラニンが肌の中にあらわれてしまったときにも、美肌を意識した食事を摂ってしっかりとビタミンを摂取する…などの対策をとっていると違うのですが、肉ばかり食べていたということはありませんか?

 

仕事をしすぎてストレスを溜めすぎたり、不規則な生活で睡眠時間がバラバラだということ、ありませんか?

 

こういった生活習慣の乱れというのは、ホルモンバランスの乱れにもつながっていきます。

 

ホルモンバランスが乱れてしまうと、肌のターンオーバーがうまくいかなくなってしまうんです。

 

本来ならば、役目を終えて自然と剥がれ落ちていくはずの角質がはがれず、そのまま肌にとどまってどんどん分厚くなるため、保湿がうまくいかなかったり、ごつごつとした肌に。

 

シミのもとであるメラニンも本来は古い角質と一緒に剥がれていくはずなのですが、肌にとどまってどんどん色濃くなっていってしまうということなんです。

 

つまり、生活習慣を正すということはシミやそばかすを作らせない・改善させるということにつながると言っても過言ではありません。

 

シミやそばかすはもちろん、肌荒れなど肌トラブルに悩んでいる…という方は、まずスキンケアの前に生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?