紫外線から肌を守るためにしておきたいことって?

夏になるとじりじりと照り付ける太陽。

 

痛いくらいに降り注ぐのは「紫外線」という、肌にとっての強敵です。

 

紫外線は目には見えないものですが、私たちの体にはダメージとしてその脅威が現れてしまいます。

 

たとえば、夏場に海水浴や長時間野外にいると日焼けをしてしまいますよね。

 

ひどい日焼けの場合には肌が真っ赤になって水ぶくれを起こしてしまう場合もありますし、炎症・火傷の状態になってしまっているんです。

 

短時間の日焼けであってもこのように肌真っ赤になってしまったり、その後乾燥してボロボロになってしまいますし、それほど紫外線によって大きなダメージを受けているんだということが実感できます。

 

さて、この紫外線から肌を守るにはどのようにしたら良いのでしょうか?

 

 

紫外線と言うのはやっかいなもので、たとえ外に出なくても窓ガラスやカーテンを通り越して屋内にいても入り込んでくるものなんです。

 

ぽかぽか陽気に誘われて窓辺でお昼寝…これだけでじゅうぶんに日焼けをしてしまいますから、いつでもどこでも注意が必要です。

 

紫外線を浴びると、皮膚を通って肌の中にもぐんぐんと入り込んできます。

 

そして肌の弾力を支えているコラーゲンなどの繊維を壊していくことでシワができてしまったり、肌のたるみの原因になると言われています。

 

 

この紫外線から肌を守るべく活動するのが、メラノサイトという細胞です。

 

メラノサイトは紫外線によってダメージを受けると「メラニン」という色素を作り出しますが、このメラニンがシミ・そばかすのもとになるんです。

 

このメラニンというバリアを使って、肌に受けるダメージを受け止めているというわけ。

 

つまり、メラニン色素ができてしまうのは肌を守ろうとしている働きのためで、逆に言うとこの働きがなければ肌は火傷を負ったりすぐにボロボロの状態になってしまうということなんです。

 

…とは言っても、できるだけメラニン色素ができないようにしたいものですね。

 

シミ・そばかすを作らないためにはメラニン色素を作らせないようにする。

 

メラニン色素を作らせないようにするには紫外線から肌を守る。

 

では、紫外線から肌を守るには?

 

ご存知の通り、最もポピュラーなのは日焼け止めアイテムを使ってしっかりと紫外線をカットすることです。

 

もちろん日傘やアームカバーなどを使って紫外線から肌を守るのも有効です。

 

また、紫外線カット機能のついたファンデーションや化粧下地などもありますから、こういったものを毎日のメイクに取り入れるのも良いでしょう。

 

紫外線から肌を守るということは、シミ・そばかすの予防だけでなくシワやたるみ、老化を防ぐということにもつながりますので、毎日のケアを怠らないようにしてみてください。