色素沈着を何とかしたい!どんなケアをすればいいの?

蚊にさされたあと、かゆくてかゆくてボリボリとかきむしったりしていませんか?

 

また、ニキビができたときに芯を抜いてみたり、そのあとを指でいじったり…

 

必要以上に肌に負担をかけることによって、肌は自分が思った以上のダメージを受けているということをご存知でしょうか。

 

ダメージを受けてしまった肌はそのあといったいどうなってしまうのか、知っているでしょうか…?

 

よく、虫刺されのあとが黒ずんでしまってなかなか元の肌色にならないという悩みをききます。

 

これが、ダメージを受けた肌の末路です。

 

また、下着の締め付けによって肌が黒っぽくなってしまっているとか、日焼けのあとに肌が真っ黒になってしまう…これも実は同じ原因となります。

 

これはいわゆる色素沈着してしまっている状態で、一度色素沈着してしまうとなかなかもとの肌色に戻すことは難しいとも言われています。

 

この色素沈着ですが、顔だけではなく腕や脚などに発生してもとても目立ってしまいますから、なかなか腕を出したりミニスカートを履くのに勇気がいることになりますよね。

 

色素沈着をなんとかしたい!と思ったら、どうしたら良いのでしょうか?

 

まずは、普段のスキンケアからちょっとした工夫をしてみることから始めましょう。

 

一般的なスキンケア…というと、化粧水・美容液・乳液・クリームという順番で塗布すると思いますが、このときに使うアイテムを「美白化粧品」にすると良いでしょう。

 

また、普段使っているスキンケアアイテムに加えて美白化粧品をプラスする…というのもおススメ。

 

いつも使っているものであればやはり安心して使うことができますし、美白化粧品というのは他のものに比べて割高な印象を持ちます。

 

リーズナブルに美白アイテムを使いたい!というのであれば、化粧水もしくは美容液を美白タイプにするのがおススメです。

 

ちなみに色素沈着に有効だと言われている成分は、従来のビタミンCよりも成分が壊れにくく安定しているビタミンC誘導体、そしてハイドロキノンという成分がおススメ。

 

そして、週に1回のピーリングをしてみましょう。

 

専用の薬剤を使って肌表面の古くなった角質を浮かせて落とすのがピーリング。

 

本来は古くなった角質が自然と剥がれおちていくはずなのですが、この仕組みが肌の乾燥や刺激、さらにホルモンバランスの乱れなどさまざまな要因によってうまくいかなくなるときがあります。

 

それを手助けして、肌が本来もつターンオーバーの力を取り戻すのが、ピーリングなんです。

 

ピーリング剤は非常に種類が多くなり、比較的低刺激のものも増えています。

 

自分の肌質に合ったものを探して、色素沈着を解消できるようにケアをしていきましょう。