シミを作らせないためには紫外線を徹底的にガード!

夏の日差し、とても暑くてまぶしくて、肌にとっては非常にやっかいなものです。

 

日差しと一緒に地上へと降り注いでくるのが、紫外線です。

 

紫外線というのは太陽光と一緒に放たれている電磁波の一種で、英語ではウルトラバイオレットというのでその頭文字をとって「UV」と言われているんです。

 

よく、UVカットの化粧品や日焼け止め…と言われていますよね。

 

さて、そんな紫外線には実は種類があります。

 

波長の長さによって区別されるのですが、A波・B波・C波という紫外線です。

 

冬でも夏でも関係なく、さらに朝でも夜でも関係なく同じ量が降り注ぐのがA波で、これは威力はそこまでないものの私たちの肌をじわじわと攻撃してくる紫外線です。

 

B波は肌の表面にだけ作用すると言われているのですが、とても威力が強いためシミの原因となってしまうと言われています。

 

日焼けをしてしまうのもこのB波のしわざで、B波は波長がとても強いために皮膚表面に大きなダメージを与えてしまうということなんです。

 

皮膚はこの紫外線から身を守るために、わざとシミを作って盾替わりにしようとするため、紫外線を浴びるとシミやそばかすができる…ということなんです。

 

つまり、紫外線を予防しておけば、紫外線からのダメージに備える必要もないためシミが作られることもない…ということ。

 

シミ・そばかすをなんとしてでも作らせたくない!という方は、やはり紫外線対策をとるべきでしょう。

 

紫外線対策というと、ポピュラーな方法としてはやはり日焼け止めを塗るということです。

 

近年の日焼け止めは肌への負担が非常に軽いにもかかわらず、とても高い日焼け止め効果を発揮するものが多くなっています。

 

さらに、クリームタイプやウォータータイプ、ジェルタイプなどテクスチャーもさまざまなので自分の好きなタイプを選ぶことができますし、効果の持続時間もさまざま。

 

ちょっとそこまで、という場合から長時間の外出まで幅広く対応しているため、日焼け止めを塗るだけでもかなりの効果が期待できます。

 

さらに念を入れて日傘、サングラス、アームカバーなどを使って徹底的に紫外線をカットしましょう。

 

紫外線によってできるシミ・そばかすというのは実は毎日少しずつ浴びる紫外線によってじわじわと色濃くなって完成されます。

 

ですから、シミやそばかすができないようにこちらもコツコツと紫外線カットをすることによって、5年後や10年後の美しい肌を実現することができるでしょう。