シミ、そばかすはなんでできてしまうの?そのメカニズムって?

女性を悩ませるヤツら…そう、それはシミ・そばかすです。

 

ニキビなどももちろんなのですが、シミやそばかすというのはひとつあるだけでかなり老け込んだ印象を与えてしまいます。

 

ニキビの炎症がおさまったあとに色素沈着が起こり、そこからシミになってしまう…というタイプのものもありますが、ここでは主に紫外線によるシミ・そばかすを見ていきましょう。

 

そもそもシミやそばかすというのは、多くの女性からすると非常に敵視されている存在ですよね。

 

前述のとおり、顔にひとつあるだけでもかなり印象を変えてしまいますし、多くのシミがあると見た目年齢が何歳もアップしてしまいます。

 

そんなシミやそばかすですが、これは肌にあるメラニン細胞(メラノサイトともいいます)が作り出す「メラニン色素」が原因です。

 

紫外線を浴びた肌は、思った以上に大きなダメージを受けてしまいます。(日焼けですね)

 

そのダメージから肌を守ろうとすると、メラノサイトが発動してメラニン色素をつくり、ダメージから身を守ってくれるというわけなんです。

 

…とは言っても、メラニン色素が発生したからといってすぐに真っ黒の濃いシミができる…というわけではありません。

 

肌の内部では、毎日新しい肌の細胞が生まれてきているのですが、これがどんどん細胞分裂をして約28日かけて押し上げられて、最後に角質となって剥がれ落ちていきます。

 

これをターンオーバーと言うのですが、ターンオーバーが滞りなく行われている肌であれば、メラニン色素が作り出されたとしても古くなった角質などと一緒に剥がれ落ちていくので問題ありません。

 

問題なのは、ターンオーバーの周期が乱れてしまうということ。

 

ターンオーバーの周期が乱れてしまう原因はさまざまで、たとえば肌が乾燥して水分量がじゅうぶんではなく、働きが低下してしまった…ということが挙げられます。

 

ターンオーバーがうまくいかないとメラニンが溜まりやすくなってしまうため、肌に残ったメラニンが「シミ」として目に見える形で現れてしまうんです。

 

さらに、シミやそばかすというのは一度できてしまうとなかなか消えないもの。

 

ビタミンCなどがシミ・そばかすに有効だとは言われるものの、サプリメントを摂取したり美容液をつけてもなかなか改善しにくんです。

 

やっかいなことが多いように思えるシミやそばかす。

 

…とは言え、シミ・そばかすのもととなるメラニン色素は、紫外線からのダメージを受けないように作られる防衛機能。

 

白人の方はこのメラニン色素が少ないために、紫外線からのダメージを直に受けやすいので皮膚がんの発症率が高いとも言われています。

 

つまり、一概にシミやそばかすは悪!だとは言えないものなんですね。

 

シミやそばかすをできるだけ作らないようにし、なおかつ紫外線からのダメージをさえぎる…

 

日焼け止めを塗るというこ基本的な紫外線対策はもちろんですが、さらに毎日のスキンケアで美しい肌を保ちましょう。