シミ、そばかすに紫外線は大敵なワケって?

お肌の大敵だと言われているのが、紫外線。

 

紫外線=太陽の光が強い真夏というイメージがあると思いますが、雨の日でも曇りの日でも、そして春夏秋冬いつでも紫外線は降り注いでいます。

 

つまり、肌にとって安全なときというのはないと言えるでしょう。

 

そもそも紫外線がなぜ肌にとって良くないのかということを、具体的にご存知でしょうか?

 

実は紫外線というのは3種類の光があって、そのうちのひとつは地球を覆っているオゾン層によって地上には降り注ぐことができていません。

 

残りの2種類の紫外線ですが、ひとつはA波、もうひとつはB波というものになります。

 

A波は威力がそこまでありませんが、じわじわと皮膚の中にまで入り込んでくるとてもやっかいなもの。
B波は皮膚の表面にとどまりますが、威力があるため日焼けを引き起こしてしまいます。

 

B波の強力な攻撃を受けると、肌にいる色素細胞が「メラニン」の盾を作り出します。

 

そして、そこからメラニンを使ってB波の侵入を防いでくれるのですが、これがいわゆる日焼けと呼ばれるものになります。

 

メラニンができる…というのは、実は体が本来もっている紫外線からの防御反応なんですね。

 

しかし、メラニンができたから…といってすぐにシミ・そばかすができる!というわけではありません。

 

プールに行って日焼けしたからといって、その日のうちにすぐシミだらけになるでしょうか?

 

しばらくすると、ぽつぽつとシミっぽいものが浮かび上がってきませんか?

 

これは、B波の攻撃を防いだときにできたメラニン色素が、こんどはA波の紫外線によって酸化させられたことによって黒っぽくなったからです。

 

B波を防いだとしても、こんどはA波の攻撃を防がないといけない…ということになるんですね。

 

とてもやっかいな紫外線ですが、肌にとって大敵だと言われているのはこのシミ・そばかすができるだけではありません。

 

A波はじわじわと肌の内部にまで潜り込んでいき、そこでたんぱく質や肌の細胞を攻撃して壊していってしまいます。

 

皮膚のハリを保っているコラーゲンの繊維を壊してしまうため、ハリが失われたり、さらにそのせいでシワができてしまう…つまり、老化が起こってしまうということなんです。

 

紫外線を浴びることによって肌に良いことは、言ってしまえばひとつもない!ということなんです。

 

紫外線は肌を老化させてしまい、さらに日焼けを起こしてシミ・そばかすができてしまう原因となります。

 

美しい白い肌を保つためにも、できるだけ紫外線から肌を守ってあげましょう。