徹底した紫外線対策でシミ・そばかすを予防

シミ・そばかすだけでなく、たるみやシワといったお肌のお悩みにも関係する紫外線は、紫外線対策によって徹底ブロックしていかなければなりません。

 

シミやそばかすを予防するなら、とにかくまずは紫外線対策を行うべきですが、この紫外線対策も実はとても奥が深いものなのです。

 

紫外線対策と言えば日焼け止めクリームを真っ先に思い浮かべるかもしれません。

 

もちろん日焼け止めクリームは欠かせないアイテムですが、それだけでは抜かりなく紫外線対策ができているとは言えません。

 

日焼け止めクリームのほかにも、身につけるアイテムにも是非注目していきましょう。
そのアイテムにはサングラスやUVカットの洋服、帽子、日傘などがあります。

 

サングラスは紫外線から瞳をプロテクトするためには欠かせませんが、サングラスを装着するのであれば、できるだけレンズが大きめのものを選ぶのがおすすめです。

 

レンズが小さいと、目の下などシミやそばかすが気になりやすい部分を覆うことができませんから、大きめのレンズでUVカットに効果的なサングラスを選びましょう。

 

また数年前から新たな紫外線対策アイテムとして定着しつつあるUVカットスプレーは、非常に便利なアイテムです。

 

UVカットスプレーがあれば、日焼け止めクリームを塗りづらい足の甲などにも簡単に紫外線対策を施していくことができます。

 

さて、皆さんは紫外線の量が増える時期というのをご存じでしょうか?
それはズバリ、5月〜9月です。

 

真夏であればいかにも紫外線量が多いという印象ですが、実は春から秋の初めにかけては紫外線量に要注意な時期なのです。

 

ですが紫外線対策は、そういった紫外線量が多い時期だけ行えばいいわけではありません。

 

特に注意したいのが春先です。

 

冬場は紫外線量が少なめですから、この環境が肌の紫外線への抵抗力を弱めます。

 

その冬が明けていく春先には、ちょっとした紫外線でもダメージを受けやすいという状態になっていますので、まだ寒いからと油断せずに紫外線対策を行っていきましょう。

 

紫外線量というのは、時期だけでなく天候によっても左右されます。

 

最も紫外線量が多くなる天候はやはり晴れの日ですが、曇りの日でもその7割に匹敵するほどの紫外線量があります。

 

また雨の日であっても晴れの日の2割程度の紫外線量があるわけですので、その日の天候に関わらず、紫外線対策は毎日の習慣として行っていくようにしましょう。