シミそばかす改善には適切なスキンケアが大切!

シミとそばかすは異なるものですが、どちらも紫外線のダメージによりシミやそばかすが濃くなることがありますので、きちんとした紫外線対策が欠かせません。

 

シミ・そばかすの改善のためには、それらの改善にアプローチできるような基礎化粧品を選びスキンケアを行っていくことも重要になります。

 

その基礎化粧品を選ぶうえでのポイントとして「メラニン生成抑制」があります

 

メラニンはシミやくすみの原因ですから、その生成を抑えられるような作用を持つ基礎化粧品は、シミそばかす対策としても有効になるでしょう。

 

メラニン生成には、酵素の一種であるチロシナーゼの活性化が関係しています。

 

その活性化防止に効果的な成分として、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、プラセンタエキスなどがあります。

 

このうちビタミンC誘導体には、「メラニン還元作用」という作用もあります。

 

これはすでにあるシミやくすみの改善に働きかけるというものですから、ビタミンC誘導体配合というのはシミやそばかす改善のための基礎化粧品としては、必須とも言える条件になってくるかもしれません。

 

そばかすの場合は遺伝性が強いため、シミに比べるとスキンケアによる改善効果が得にくいと言われますが、それでも薄くすることは不可能ではありません。

 

シミはある程度の年齢になれば、個人差はあるものの少なからず肌表面へと現われてきてしまうものです。

 

ですがそれを仕方のないこととして何も対策を取らなければ、年齢と共にシミが増えたり濃くなったりするばかりです。

 

ですから今は特にシミを気にしていないという方でも、早いうちからビタミンC誘導体などが配合された基礎化粧品でスキンケアをすることが、美肌のためには欠かせない要素になってきます。

 

またこれはスキンケアの基本になりますが、保湿を徹底させることは非常に重要になります。

 

保湿が行き届き、水分バランスが整っている肌というのは、肌にもともと備わるバリア機能が高まっている状態でもあります。
そのバリア機能は紫外線対策にも一役買ってくれます。

 

もちろん、バリア機能が高まれば紫外線対策をしなければいいということではないですが、紫外線対策を頑張っている方でも常に紫外線を完全ガードするというのは難しく、本人の自覚していないところで紫外線によるダメージは少なからず受けているものです。

 

しかしそんなとき、肌のバリア機能が高まっていれば紫外線からのダメージを最小限に抑えるということが可能になります。