教えて!シミ・ソバカスをカバーするメイク術のポイント

シミ・ソバカスを簡単に消すことは出来ません。であれば、少しでも目立ちにくくしたいですよね。

 

ここではシミ・ソバカスをカバーするメイク術をご紹介いたします。

 

 

シミ・ソバカスを目立たなくするには

 

わずかなシミやソバカスでも、顔全体の印象を大きく変えてしまいます。

 

出来るだけ早く消したいものですが、シミやソバカスを消すことは簡単ではありません。

 

すぐに消えないのであれば、スキンケアの効果があらわれるまで、メイクでカバーしたいですよね。

 

シミ・ソバカスをカバーするには、どのようにメイクを行えばよいのでしょうか。

 

 

小さなシミやソバカスはコンシーラーでカバー

 

小さなシミやソバカスはコンシーラーでカバーするとよいでしょう。

 

隠したいシミよりやや大きめにコンシーラーを乗せると効果的です。

 

シミを隠したいあまり、一段濃い色を使いたくなりますが、基本は肌と同じ色でかまいません。

 

肌と同じ色にすることで、馴染みが良くなり目立たなくなります。

 

あとはコンシーラーの淵だけを肌になじませ、ファンデーションで押えれば完了です(リキッド系の場合はファンデーションの後にコンシーラーを使用します)。

 

 

大きなシミのカバーは?

 

肝斑のように大きなシミのカバーはどのようにすればよいのでしょうか。

 

こちらは、カバー力の強いリキッドファンデーションがお勧めです。

 

隠したいシミから広げていくと目立ちにくくなります。

 

厚塗りが気になる場合は、シミがない部分はスポンジで薄塗りに、シミがある部分は指で伸ばしてからスポンジで叩くとよいでしょう。

 

まだシミが目立つ方は、上からコンシーラーを乗せてください。

 

筆で伸ばしてから、シミよりやや広い範囲をぼかすように叩いて馴染ませます。

 

シミがそれほど濃くない方はファンデーションで隠すこともできます。

 

少量のファンデーションをとり、気になる部分から外側へ軽くたたいていきます。

 

ポイントは、厚塗りをしないことです。

 

シミが濃い方は、少量のファンデーションを重ね塗りすることで、自然に目立たなくすることができます。

 

厚塗りをすると不自然になるので注意してください。

 

シミをカバーできれば、フェイスパウダーで全体を抑えて完了です。

 

 

以上のメイクでシミ・ソバカスをカバーすることができます。

 

シミ・ソバカスの状態は人により異なるので、以上を基本にアレンジをしてみるとよいでしょう。

 

自分に合ったメイク術がわかれば、気になるシミやソバカスを目立ちにくくすることができるはずです。