シミ・ソバカスができるのはなぜ?その原因を解説

お肌に浮かび上がったシミ・ソバカスにお悩みではないでしょうか。

 

丁寧にケアをしてもできてしまうのがシミ・ソバカスです。

 

これらはどのような原因で出来るのでしょうか。

 

 

シミの原因

 

シミの主な原因は紫外線をはじめとした肌への刺激と考えられています。

 

紫外線を浴びるなどすると、その悪影響を和らげるため、活性酸素が生み出されます。

 

活性酸素が必要以上に生み出されると、活性酸素自体が肌へ悪影響を与えるので、その影響を和らげるためメラノサイトからメラニン色素が生み出されます。

 

メラニン色素が活性酸素の働きを抑えてくれるので、肌は活性酸素からの悪影響を受けずに済みます。

 

通常、生み出されたメラニン色素は、肌のターンオーバーで排出されます。

 

しかし、メラニン色素の量が多すぎるとターンオーバーでは排出しきれず、色素が残ってしまいます。

 

これがシミ・ソバカスの原因です。年を重ねるとシミが増えるのは、肌の新陳代謝が衰えるからです。

 

つまり、色素を排出する力が弱くなるのでシミが出来やすくなるのです。

 

 

ソバカスの原因

 

シミと同じく、ソバカスにお悩みの方も多いはずです。

 

ソバカスも基本的な原因はシミと同じです。

 

ただし、ソバカスの原因には、遺伝的な要因が大きく関わっていると考えられています。

 

このことは、両親のいずれかにソバカスがあると、小学生頃にソバカスが現れやすいことでわかります。

 

遺伝的要因を持った方、あるいは出来やすい体質の方が、紫外線をはじめとした肌への刺激を受けることにより、ソバカスが現れやすくなるといえるでしょう。

 

 

肝斑の原因

 

シミの仲間として肝斑を挙げることができます。

 

肝斑は30代〜40代の女性に多いシミで、額や頬、鼻の下などに、濃淡の均一なシミが左右対称に現れる点が特徴です。

 

妊娠やピルの服用により現れ、閉経とともに薄くなる、あるいは消える方が多いので、女性ホルモンのバランスが影響を与えていると考えられています。

 

上記で紹介したシミやソバカスとは異なり、体の内側に原因があるシミと考えられています。

 

 

原因により対処法は異なる

 

以上の通り、シミ・ソバカスの原因は種類により異なります。

 

基本的にメラニンに作用する美白化粧品が有効と考えられていますが、シミの種類によっては効果が現れにくいこともあります。

 

その場合、レーザー治療などが必要になることもあるので、適切な対処法を医療機関などで確認するとよいでしょう。

 

シミ・ソバカスにお悩みの方は、現れたシミの原因を正確に把握し、対処法を考えることが重要です。

 

シミ・ソバカスは様々な原因により現れます。

 

多くの場合、紫外線が原因になっていますが、そうではない場合もあるので注意が必要です。

 

美白化粧品をベースに、適切な対処法を検討するとよいでしょう。