シミ・ソバカスを消すには美白化粧品の使用がお勧め

シミ・ソバカスにお悩みの方は、美白化粧品をご利用になるとよいでしょう。

 

美白化粧品の中にはできたシミ・ソバカスを薄くする働きが期待できるものがあります。

 

 

目的から選ぶ美白化粧品

 

シミ・ソバカスにお悩みの方にとって、美白化粧品は魅力的な選択肢です。

 

すぐにでもシミ・ソバカスを消したい方の中には、美白化粧品であればどれでも良いと考える方がいますが、実はそうではありません。

 

美白化粧品は働きにより二つに分けることができます。

 

一つがこれから出来るシミ・ソバカスを予防するための美白化粧品、もう一つが今あるシミ・ソバカスを薄くするための美白化粧品です。

 

今あるシミ・ソバカスを消したい方は、シミ・ソバカスを薄くするための美白化粧品を選ぶ必要があります。

 

 

シミ・ソバカスを薄くする美白化粧品とは

 

今あるシミ・ソバカスを薄くする美白化粧品は、配合される成分で選ぶことができます。

 

シミ・ソバカスを薄くするためには、肌のターンオーバーを促し沈着した色素を外に押し出す成分か、メラニンを還元することでシミを薄くする成分を配合している美白化粧品を選ぶ必要があります。

 

ターンオーバーを促す成分としてレチノールが広く知られています。

 

シミを薄くする成分としてビタミンC誘導体・ハイドロキノンが広く知られています。

 

 

レチノール

 

レチノールはビタミンAの一種で、線維芽細胞に働きかけお肌の再生を促します。

 

ターンオーバー効果が期待できますが、やや刺激の強い成分なので、慎重に試したい成分といえます。

 

少量のサンプルなどから試してみるとよいでしょう。

 

 

ビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体は、不安定なビタミンCを角質に届きやすくしたものです。

 

メラニンを還元する働き、ターンオーバーを促す働きが期待できるので、シミを消したい方にお勧めです。

 

また、ビタミンC誘導体にはメラニンの生成を抑制する働きも期待できます。

 

新たにできるシミもケアできるので、シミにお悩みの方に嬉しい成分です。

 

 

ハイドロキノン

 

ハイドロキノンは、お肌の漂白剤と呼ばれる成分です。

 

高いメラニン還元作用を発揮しますが、お肌への刺激も強くなります。

 

市販の美白化粧品は1%〜4%程度のハイドロキノンを配合しています。

 

濃度が高いほど効果的と思ってしまいますが、濃度が高いほど肌への負担が大きくなります。

 

高濃度の美白化粧品を長期間使用すると白斑症状が現れることがあります。

 

使用に当たっては、濃度の低いものから試したほうが良いといわれています。

 

 

以上の成分は紫外線により後天的にできたシミに効果的といわれています。

 

先天的にできたソバカスや内側から真皮に現れたシミには効果が薄いといわれています。

 

シミ・ソバカスを消したい方は、その種類を確認するとよいでしょう。

 

以上の他にも美白に効果的な成分はたくさんあります。

 

美白化粧品を選ぶときは、厚生労働省に認可されている美白成分を配合しているものを選ぶとよいでしょう。

 

公的なお墨付きを得た成分なので、信頼性が高いといえます。