シミ・ソバカスを自力で消すにはどうすればよいの?

出来てしまったシミ・ソバカスにお悩みの方は多いはずです。

 

自力で消すにはどのようにすればよいのでしょうか。

 

以下で解説いたします。

 

 

シミ・ソバカスができるメカニズム

 

きれいな肌にシミ・ソバカスができるとがっかりしてしまいますよね。

 

シミ・ソバカスができる原因はメラニンが深く関わっています。

 

肌が、紫外線や物理的刺激などを受けると、過剰なメラニンが作りだされることがあります。

 

通常のメラニンはターンオーバーにより排出されますが、過剰なメラニンはターンオーバーにより排出しきれません。

 

排出できないメラニンが沈着した場合、シミ・ソバカスになるのです。

 

ソバカスは遺伝的要因で出来ることが多いと考えられていますが、シミは後天的要因でできることが多いといわれています。

 

とはいえ、いずれもメラニンが引き金になっているので、この点を理解しておくことが重要です。

 

 

自力で消すには美白化粧品を

 

出来てしまったシミ・ソバカスを自力で消すには美白化粧品がお勧めです。

 

美白化粧品はメラニンに働きかける成分により2つの種類に分けられます。

 

1つがメラニン生成抑制作用を持った美白化粧品、もう一つがメラニン還元作用を持った美白化粧品です。

 

メラニン生成抑制作用を持った美白化粧品は、新たなメラニンを作らない働きかけを行う化粧品なのでシミを予防するための美白化粧品といえます。

 

メラニン還元作用を持った美白化粧品は、シミを薄くする美白化粧品なので自力でシミを消したい方にお勧めの化粧品です。

 

 

お勧めのビタミンC誘導体

 

メラニン還元作用を持つ成分として知られているのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体には、メラニンの生成を抑制するほか、すでにできてしまったメラニンを還元し、ターンオーバーを促す働きが期待できます。

 

さらに、新たなメラニンを生み出す原因となる活性酸素の生成を抑制する働きもあります。

 

お肌にとてもうれしい成分なので、自力でシミを消したい方は積極的に利用したい成分といえます。

 

 

ハイドロキノンもお勧め

 

同じくハイドロキノンを配合した美白化粧品もお勧めです。

 

ハイドロキノンは「お肌の漂白剤」と呼ばれることのある成分です。

 

それほど強い成分なので、元々は医療機関で処方される成分でした。

 

現在では市販化粧品にも使用されていますが、濃度を1%〜4%程度に抑えています。

 

自力でシミを消したい方は濃度の高いものを選びたくなりますが、濃度が高いほど肌への刺激が強くなります。

 

高濃度のものを継続使用することで白斑症状が出ることもあるので、まずは濃度の低いものから試してみるとよいでしょう。

 

美白効果の高い成分ですが、それだけ刺激も強いので、慎重に選ぶ必要があります。

 

一部の美白化粧品を用いれば後天的にできたシミを消すことができるかもしれません。

 

しかし、シミの種類によっては美白化粧品の硬化が現れにくいものもあります。

 

スキンケアの効果が現れない場合は、シミの種類を確認し対策を練るとよいでしょう。