シミとソバカスの違いと気を付けたいポイントを解説

シミとソバカスは非常によく似たものとして認識されています。

 

これらの違いはどこのあるのでしょうか。

 

 

シミの特徴

 

シミやソバカスにお悩みの方が多いはずです。

 

両者の違いを聞かれても明確に応えることが難しいですよね。

 

ほとんど同じように見えることもありますが、両者にはいくつかの違いがあります。

 

シミは、不十分な紫外線対策の結果やホルモンバランスの影響、肌の炎症などにより色素が沈着することでできます。

 

遺伝が深く関わっているものは少ないので、主に後天的な原因で出来ると考えられます。

 

例えば、40代以降の方に現れやすい老人性色素斑は、不十分な紫外線対策の結果、現れるシミです。

 

頬骨やこめかみなどにできる丸く平坦なシミが老人性色素斑です。

 

一般的にイメージされるシミと考えて間違いないでしょう。

 

肝斑は、30代〜40代の女性に多いシミです。

 

妊娠すると現れやすく閉経すると消えやすいので、ホルモンバランスが関わっていると考えられています。

 

濃淡の均一なシミが額や頬、鼻の下などに左右対象に現れます。

 

シミは、これらのように後天的な原因により出来ると考えられています。

 

 

ソバカスの特徴

 

対するソバカスは、発症に遺伝や体質が関わっている色素斑です。

 

両親のいずれかにソバカスがあると、小学生頃に現れることが多いといわれています。

 

鼻を中心に雀の卵の模様のような色素斑が現れます。

 

そのため雀卵斑(ジャクランハン)と呼ばれることがあります。

 

先天的にできるソバカスは、思春期頃に増え、思春期を過ぎると薄くなる(消える)なることが多いといわれています。

 

大人になってから出来るソバカスは、年を重ねるごとに濃くなることが多いといわれています。

 

 

シミもソバカスも紫外線には要注意

 

シミとソバカスにはこれらの違いがあります。

 

ソバカスは遺伝だからとケアを諦めてしまいがちですが、シミと同じく紫外線には気を付けなくてはなりません。

 

ソバカスもシミと同じくメラニンが引き金となっているので、紫外線を浴びると濃くなってしまいます。

 

メラニンは、発生した活性酸素から肌を守るため生成されます。

 

活性酸素は紫外線や肌への刺激により発生します。

 

無用な活性酸素を発生させないことがソバカスの悪化やシミの生成を防ぐポイントなので、シミ・ソバカスともに紫外線や肌への刺激には気を付けなくてはなりません。

 

同じように見えるシミ・ソバカスにはこれらの違いがあります。

 

原因は異なりますが、いずれの場合も紫外線や肌への刺激には気を付けましょう。