最初に理解したい!シミ・ソバカスの種類について

多くの方を悩ませるシミ・ソバカスに種類があることをご存知でしょうか。

 

対策を立てる前にこれらについて理解しましょう。

 

 

シミ・ソバカス対策の前に

 

どれも同じように見えるシミ・ソバカスですが、原因などによりいくつかの種類に分けられます。

 

原因が異なれば、対処法も異なります。

 

シミにお悩みの方は、出来ているシミがどの種類に該当するか見極めることが重要です。

 

以下に多くの方に見られるシミをご紹介いたします。

 

 

老人性色素斑

 

紫外線が原因でできるシミです。

 

紫外線対策を怠ると、頬骨やこめかみ辺りに頻発します。

 

大きさは数mm〜数十mm程度、平坦で丸い形が多いといわれています。

 

周囲との境目が薄いシミの場合、美白化粧品などで目立たなくすることができます。

 

 

肝斑

 

30代から40代の女性に多いシミです。

 

50代を過ぎ閉経を迎えると、大幅に減少することがあります。

 

逆に、妊娠中などは出来やすいといわれています。

 

そのため、ホルモンバランスが関与していると考えられています。

 

頬骨や鼻の下、額に、濃淡の均一なシミが左右対称に現れる点が特徴です。

 

 

太田母斑

 

日本人に多いといわれるシミ(アザ)です。

 

生後間もなく出現するものや20歳を過ぎてから出現するものがあります。

 

額や目の周り頬などに茶褐色や青紫色のシミ(アザ)が現れます。

 

レーザー治療が有効です。

 

 

脂漏性角化症

 

イボ状に盛り上がったシミです。

 

最初は平たいホクロのような状態で現れますが、シミの角化が進むと隆起します。

 

手の甲に現れる方が多いといわれています。

 

治療は、レーザーを用いて行います。

 

 

雀卵斑

 

鼻を中心に広がる、雀の卵の模様のようなシミです。

 

一般的にはソバカスと呼ばれています。

 

遺伝が主な原因と考えられており、小学生頃から現れるケースが多いといわれています。

 

成長とともに増えることや紫外線の影響で濃くなることがあります。

 

 

炎症性色素沈着

 

ニキビなど肌の炎症後にできるシミです。

 

紫外線によりさらに濃くなることがあるので、このシミができている方は紫外線対策が必要です。

 

ほとんどの場合、ターンオーバーにより薄くなりますが、薄くならない場合はピーリングが有効です。

 

 

花弁状色素斑

 

海やプールなどで、急な日焼けや酷い日焼けをした後に出来やすいシミです。

 

数mm程度の花弁状のシミが、主に肩から背中にかけて現れます。

 

 

同じように見えるシミにもこれらの種類があります。

 

以上の通り、シミ・ソバカスには様々な種類があります。

 

シミ・ソバカスにお悩みの方は、出来ているシミがどれに当てはまるか見極めることが重要です。

 

シミ・ソバカスの種類によってケアが異なります。適切なケアを行うようにしましょう。