コンシーラーを使ってシミやソバカスを消すテクニック

シミやソバカスは、どうしても出来てしまいやすいものです。

 

そこで注目したいのが、どういったメイクテクニックを用いるのか、といったことです。

 

メイクの使い方一つでも、シミやソバカスは見えにくくなります。

 

こちらでは、コンシーラーを使ったシミ・ソバカス対策についてお話します。

 

化粧品を使って美肌対策をしようと思っていた方は必見です。

 

 

■肌のくすみをなくすように利用すること

 

・コンシーラーの役割

 

肌のくすんだ色合いを抑える効果があるのがコンシーラーです。

 

実際にくすみが出てしまった部分に対して、コンシーラーをしっかりと利用しましょう。

 

この部分を手間に感じてしっかりしていないと、シミやソバカスがハッキリと見えてきてしまいます。

 

・ソバカスの部分にはどういった使い方をするのか

 

一般的なコンシーラーの利用方法ですが、ファンデーションと組み合わせますよね。

 

しかし、ソバカスの部分はやはり色が目立ってしまうので、他の方法を採用することになります。

 

実は、コンシーラーの代わりにコントロールカラーを使うのです。

 

そばラスを圧倒的に目立ちにくくできるのでお勧めですよ。

 

コントロールカラーとは、化粧下地に色がついたものなのですが、自分お肌の色にあったものを選んでくださいね。

 

間違った色合いものを選んでしまうと、かなり目立ってしまいます。

 

 

■シミ・そばかすがある方のベースメイクのテクニック

 

・お肌をしっかり整えること

 

化粧水や乳液を使って肌の状態を整えます。

 

メイクの前にはしっかりと手洗いをして清潔な状態にしなければなりません。

 

汚い手でメイクをすると肌を刺激することになり、かえってシミやソバカスを招いてしまうかもしれません。

 

・コントロールカラーでくすみ対策を行なう

 

前述した部分です。コントロールカラーを顔全体に塗ります。

 

薄く伸ばすような感覚にしてくださいね。

 

ちなみに目元に載せるときには、指で軽く叩きこむようにするのがお勧めですよ。

 

・ファンデーションの利用方法

 

ファンデーションに関しても薄く塗ります。

 

熱く塗ってしまうと、厚化粧のように見えてしまうので、ナチュラルメイクを志向している方は特に気をつけてくださいね。

 

問題はソバカス部分です。

 

ファンデーションはソバカスやシミの部分は軽く叩いてのせるような感覚がお勧めですよ。

 

・コンシーラーの出番!

 

コンシーラーを使って顔の影を消します。

 

色を工夫すると顔の透明感も抜群に出るのでお勧めです。

 

ここまでで、一応はメイク完成です。

 

さらにフェイスパウダーやチーク、シェーティングを入れるのもお勧めですよ。