シミ、そばかすを作らないためにはしっかり日焼け止めを!

シミ、そばかすってどうしてできてしまうか知っていますか?

 

そばかすは赤毛のアンのように小さなころ「遺伝」が原因で現れてしまうことがありますが、それ以外の原因としてはシミもそばかすも「紫外線」が主です。

 

太陽の光は私たちの生活の中になくてはならないものですが、その強いパワーを受け続けると体にシミ・そばかすができるという変化をもたらします。

 

一口に紫外線とは言っても、実は3種類に分けることができるんです。

 

 

■紫外線・A波

 

威力はあまりないものの、じわじわと肌の奥まで達してしまうやっかいな紫外線です。

 

私たちの皮膚の下には、肌のぷるぷるとした弾力を作り出している繊維・コラーゲンなどが存在していますが、ここがA波によって破壊されてしまいます。

 

これが、肌が老化してしまう原因のひとつになっているんですね。

 

威力は強くなくても、他の紫外線に比べると皮膚の奥までじわじわ進んでいってしまいますので、注意が必要です。

 

 

■紫外線・B波

 

このB波はとにかく威力が強いタイプの紫外線。

 

シミ、そばかす、日焼けの原因となっているのがこのB波だと言われています。

 

強い威力で肌を焼いてしまうため、ヒリヒリとした日焼けが起きてしまったり、肌がダメージを受けてしまうというわけなんです。

 

また、このB波から肌を守るためにメラノサイトというものが「メラニン色素」を作り出すのですが、これがシミ・そばかすのもとになるんですね。

 

 

皮膚を守るためにシミ・そばかすのもとであるメラニン色素が作り出されるわけですが、そもそもメラニン色素を作らないようにすればシミ・そばかすもできないということです。

 

そのためには、まず紫外線をできるだけカットすることが重要です。

 

紫外線を浴びればメラニン色素ができてしまうのですから、日傘・アームカバー・サングラスといった日よけグッズはもちろんのこと、日焼け止めクリームをしっかり塗っておくことがポイント。

 

紫外線というのは日傘を持っていても、地面に反射してあちこちから肌を攻撃してくるものです。

 

サングラスでも横の隙間から目に入り込んできたりしますから、できるだけ肌を露出しないようカバーできるものを選びましょう。

 

また、日焼け止めクリームは夏場しか塗らない…という方も多いと思いますが、紫外線は季節や天候関係なく一年中降り注いでいます。

 

特に春先から初夏にかけては、一年の中でも最も紫外線量が多いとも言われています。

 

毎日日焼け止めをしっかり行って、シミ・そばかすのない美しい肌を手に入れましょう。