シミ、そばかすに有効なビタミンC誘導体を徹底解説

お肌に良いとされる成分にビタミンCがあります。

 

シミやソバカスといったものにも効果があるとされているのですが、もうひとつ注目の成分があります。

 

それは「ビタミンC誘導体」です。

 

一体どんな成分なのでしょうか。

 

シミやそばかすにはどんな働きをするのでしょうか。

 

詳しく解説します。

 

 

■ビタミンCとビタミンC誘導体の違いとは?

 

・ビタミンCには大きな弱点がある

 

ビタミンCは肌に良い成分ですが、お肌に浸透しにくい、といったデメリットが有ります。

 

他にも空気に触れると劣化が激しいのです。

 

参加しやすいので、長期的にビタミンCの効果を得られにくいです。

 

さらに水に溶かすと活性した状態ではなくなってしまうなど、問題点が多いのです。

 

要は、「ビタミンCは良い成分だが、使い勝手が非常に悪い」といったことになります。

 

・ビタミンC誘導体はビタミンCのデメリットを改善している

 

肌への浸透が格段に良くなっています。

 

しかも、肌の奥に浸透すると酵素によってビタミンCに変質するといった、非常に特色ある成分なのです。

 

気になるのが、ビタミンCが入っている化粧品とビタミンC誘導体の入っている化粧品のどちらがおすすめなのか、といったことでしょう。

 

もちろん、ビタミンC誘導体になります。シミやそばかすにも効果を発揮しやすい状態の成分だからです。

 

 

■ビタミンC誘導体がしみやそばかすに効果を発揮するメカニズム

 

・シミが濃くなることを防いでくれる

 

シミが一定以上に濃くなってくると、非常に目立ってしまいます。

 

お肌が汚く見えてしまうのですが、その段階でビタミンC誘導体が大きな役割を果たしてくれます。

 

メラニンの生成を抑えてくれる効果があるのです。

 

メラニンが出てきてしまうことで、シミやそばかすが出来てしまいます。

 

メラニン対策がしっかりと出来れば、美白状態を維持できます。

 

具体的には、肌の奥にあるメラニンの色が黒くなるのを防ぐ効果が期待されているのです。

 

持続性も高く、朝利用すれば夕方までしっかりと働きかけ続けてくれる、といった成分の特色も忘れてはなりません。

 

 

■ビタミンC誘導体には危険性はないのか?

 

・副作用の報告はほとんどない

 

一般的に肌に塗って使うものになるので、重篤な副作用が起こる可能性はほとんどありません。

 

肌荒れがビタミンC誘導体のおかげで発生した、といったことも聞いたことがありません。

 

安全性は非常に高いと判断できるので、日常的に使っても問題ありませんよ。