美白成分ハイドロキノンでシミ、そばかすを消せるのか?

美白化粧品に入っているケースがかなり多くなってきた成分があります。

 

それはハイドロキノンになります。それほど美白に興味が無い方でも聞いたことがある成分でしょう。

 

こちらでは、そのハイドロキノンに、しみやそばかすを消す能力があるのかについて詳しく解説します。

 

美白化粧品選びで悩んでいる方は必見です。

 

 

■ハイドロキノンには美白作用がある!

 

・他の成分よりもより効果が高い

 

ハイドロキノン以外にも様々な美白作用を持っている成分があります。

 

例えば、ビタミンCやコウジ酸、アルブチンやプラセンタといったものです。

 

それらのかなり有効な成分よりも、「より効果が高い」と専門家からも言われているのです。

 

では、ハイドロキノンには実際にどのようなメカニズムがあるのでしょうか。

 

 

■メラニンの生成自体を抑制する

 

・しみやそばかすの原因がメラニンである

 

しみやそばかすがある方あり、美白を思考している方の多くがメラニンのことは嫌いでしょう。

 

しかし、紫外線を浴びてしまうと、どうしても体内で発生してしまうのです。

 

UVカット系の化粧品を使ったとしても全てを防げるわけではありません。

 

そのメラニンに対して、ハイドロキノンは大きな働きかけをします。

 

メラニンは体内にある酵素の働きによって生まれてくるのです。

 

その酵素自体を撃退する能力がハイドロキノンにはあります。

 

メラニンの元になる成分が発生しにくくなるので、結果としてしみやそばかすができにくくなるのです。

 

もう一つの素晴らしい機能についても話題になっています。

 

現状で出来てしまっているメラニン色素についても、薄くする効果があるのです。

 

他の美白成分は予防効果がメインですが、ハイドロキノンにはハッキリとした改善効果が期待できます。

 

 

■効果が高いということはリスクが有るのではないか?

 

・ハイドロキノンの安全性について

 

以前は、ハイドロキノン自体が非常に弱い存在でした。

 

熱といったものや酸化してしまうことで劣化しやすかったのです。

 

しかし、現在、化粧品に使われているものは「安定型ハイドロキノン」といったものです。

 

高い機能を保ちつつ、成分の安全性を維持することに成功しました。

 

副作用についてもほとんど報告されていないので、特に心配することはありません。

 

唯一心配することといえば、ハイドロキノンを利用すると、一時的に肌が紫外線に弱くなります。

 

ハイドロキノンを利用したからもう一切しみやそばかすを気にしなくても良い、といったわけではありません。

 

今後も紫外線対策を行ってくださいね。