全女性の敵・シミやそばかすはなぜできてしまうの?

シミやそばかすができてしまう原因って、多くの人が「メラニン色素」の働きが…ということはご存知ですよね。

 

ですが、もっと詳しく、どういったメカニズムでシミやそばかすができているのかはなかなか知られていません。

 

このメカニズムをきちんと知ることによって、よりシミやそばかすへの有効な対策を取ることができるのではないでしょうか?

 

ここでは、シミ・そばかすがなぜできてしまうのかという仕組みを見ていきましょう。

 

まず、シミやそばかすができる最大の原因だと言われているのが「紫外線」の存在です。

 

一口に紫外線とは言っても、実は3種類の光線があるということを知っておきましょう。

 

そのうち1種類は地上には届かない光線となっていますので、実質私たちに影響があるとされているのは紫外線A波・B波の2種類ということになります。

 

 

■紫外線・A波

 

まずA波について。

 

こちらは一年中季節関係なく降り注ぐ紫外線で威力はそれほどないものの、体の皮膚を通って真皮層にまでじわじわと入り込んでくるという、非常にやっかいな紫外線。

 

これが皮膚の奥にあるコラーゲンなど、肌の弾力を支える柱を壊していくためにシワができたり、肌や細胞が老化してしまう原因となっています。

 

また、B波によって作られたメラニン色素(シミのもと)をさらに酸化させてしまい、色濃くしてしまうという働きももっています。

 

 

■紫外線・B波

 

A波に比べると威力は強いですが、そのぶん皮膚の表面で留まるものになっています。

 

ですが、一般的にシミ・そばかすの原因となるのはこちらのB波。

 

シミ・そばかす・日焼けの原因となり、海水浴などで肌が火傷したようにヒリヒリ痛むのも、この強力な光線のせいなのです。

 

 

シミ・そばかすができる仕組みですが、前述のとおりシミ・そばかすに直接関係のある紫外線はB波になります。

 

このB波の強力な光線から身を守ろうと、私たちの体の中にある「色素細胞(メラノサイトとも呼ばれます)」がメラニンを作り出します。

 

このメラニンがシミ・そばかすのもととなってしまうのですが、色素細胞がメラニンを作ることでB波の強力な攻撃から細胞を守っているというわけなんです。

 

つまり、多くの方が毛嫌いしていたシミ・そばかすは、体が細胞を守っているという証でもあるのです。

 

これが、シミやそばかすができてしまう仕組みというわけなんです。

 

もちろん、一度紫外線を浴びたからといって濃く大きなシミ・そばかすができてしまうというわけではありません。

 

紫外線をしっかりカットするように日焼け対策をしていたり、美白化粧品などを使ってしっかりとスキンケアをしていれば、初期段階のシミ・そばかすは薄くなったり消えることももちろんあります。

 

しかし、そういったケアを怠ってさらに紫外線を浴び続けるということがあれば、B波はもちろん、A波の力も相まって色濃く残ってしまうシミ・そばかすが出来上がります。

 

こういったことにならないように、シミ・そばかすを防ぐためにも日頃から紫外線にはじゅうぶん注意することをおススメします。