シミ対策を万全に!シミができやすい場所ってどこ?

顔って、まず誰もが見てしまう非常に重要なパーツですよね。

 

その顔がシミ・そばかすだらけだとちょっと印象も変わってしまうと思いませんか?

 

シワなどはもちろんですが、やはりシミやそばかすがたくさんあることによって実年齢より老けて見えるということはよくありますし、女性はできるだけシミができないようにスキンケアを行っていますよね。

 

ただ、このシミ・そばかす対策ですが、多くの方は顔のみに行っているのではないかと思います。

 

実際のところ、シミができやすい場所というのは顔だけなのでしょうか?

 

 

そもそもシミができる仕組みというのは、紫外線を浴びることで肌にダメージを受けることから始まります。

 

紫外線というのは非常に恐ろしいもので、部屋にいても反射して入って来たり、戸を突き抜けて侵入してくるものなのです。

 

それだけ威力があるという紫外線ですが、肌に浴びると細胞がどんどん壊されてしまいます。

 

これによって日焼けをして、肌が火傷のような状態になるというわけなんですね。

 

ほんの数時間でひどい日焼けをしてしまうほど強い威力のある紫外線ですが、肌細胞へのダメージをなんとか食い止めようと、体の防衛機能が働きます。

 

 

それが「メラニンの壁」です。

 

メラニンといえば、シミ・そばかすの原因と言われている女性の敵という存在です。

 

が、しかしこのメラニンがいなければ、実は肌はとうの昔にボロボロになっているということを覚えておいてください。

 

紫外線を浴びると、メラニン細胞(メラノサイト)という細胞がメラニン色素を作り出します。

 

このメラニン色素をバリアにして、肌の細胞がダメージを受けるのを食い止めてくれているのです。

 

ですから、シミ・そばかすができているということは体の防衛機能が働いているということになります。

 

 

つまり、シミができやすい場所というのは「紫外線を浴びやすい場所」とも言えるのです。

 

顔はもちろんですが、意外に見落としやすいのが二の腕やデコルテ、首です。

 

顔には日焼け止めクリームや、UVカット機能のついた化粧品を使ってメイクすることは多いと思いますが、首に日焼け止めを塗り忘れた!ということは意外に多いと思います。

 

シミができやすいと言われている顔には、メラニン細胞(メラノサイト)がたくさんいるためメラニンを生み出しやすい環境にあると言えます。

 

ですから、紫外線を浴びたらすぐにはシミ・そばかすが現れなくても要注意!

 

しっかりと紫外線対策をしておかないと、顔中シミだらけになってしまう…ということもじゅうぶんにあり得るのです。

 

 

もちろん、その他の場所も紫外線が直接当たらないから…といって油断してはいけません。

 

紫外線というのは地面や雪道、さまざまなところに反射して返ってきます。

 

サングラスをしていても横の隙間から入ってきて目を攻撃してくることもありますから、たとえ直接は紫外線が当たらない…という場所でもしっかりと紫外線対策をしておくことが大切です。