シミ・そばかすの原因「メラニン」ってどんなやつ?

シミやそばかすって、年をとるごとにだんだん増えていっている気がしませんか?

 

しかし、ちゃんと紫外線に気をつけて日焼け止めを日々使っていたり、食事や生活リズムに気をつけるなどの対策を取っている方と比べると、やはりシミやそばかすの現れ方が違ってきます。

 

シミ・そばかすというのは、紫外線を受けたからといって次の日に突然現れたりするようなものではありませんし、逆に何か薬を塗ったからと言ってすぐに消えるようなものでもありません。

 

このシミ・そばかすの原因と言われているのが「メラニン」です。

 

多くの方がメラニンの存在をご存知だと思いますが、実際のところメラニンというのはどういったものなのでしょうか?

 

メラニンがどういったものなのか、どういう仕組みで現れるのかを知ることで、シミ・そばかすの対策を取ることができるでしょう。

 

 

まず、メラニンというのはメラニン細胞から作られるものです。

 

メラニン細胞は別名メラノサイトとも呼ばれていて、メラニン細胞は私たちの血液の中にあるアミノ酸の一種・チロシンを使ってメラニンを作り出していると言われています。

 

「メラニン」というのはチロシナーゼという酵素を含んだ色素のことで、私たち人の体にはもともとメラニンがあります。

 

たとえば、瞳の色を決めているのもメラニンの量。

 

このメラニンが多ければ多いほど瞳の色は茶色や黒っぽい色になります。

 

メラニンの量が少なければ、肌が白く見えたり瞳の色がブルーやグリーンに見えるというわけなんです。

 

ですから、白人の多い欧米人は体の中にあるメラニン色素がとても少ないということですね。

 

 

私たちの体に紫外線が当たると、その光線はなんと体の中まで入り込んできます。

 

肌は1mm以下と薄く、とてもデリケートなもの。

 

そんなところに内部まで侵入してくる強い光線を受けたら、火傷をしてしまったり水ぶくれができてしまいます。

 

これを防ぐために、体を守ろうとしてメラニン細胞が働きます。

 

メラニン細胞は「メラニン」を作り出して、紫外線をブロックします。

 

つまり、メラニンがなければ私たちの体はあちこちで火傷だらけになってしまう…というわけなんですね。

 

メラニンができるということは、それだけ紫外線によって体にダメージが与えられているということ。

 

特にシミやそばかすが色濃く出ているところには、たくさんのダメージが集中しているということが言えます。

 

 

ですから、シミやそばかすを作らないようにするためには、メラニン色素を作り出さないようにすれば良いということなんです。

 

つまり、紫外線を浴びないこと・メラニンを作らせないこと。

 

このふたつが、シミやそばかすを作らないようにさせる最大のポイントになっているというわけなんです。