あなたのシミはどれ?シミには「種類」があった!

「シミ」…それは、女性にとって聞きたくない言葉ですよね。

 

顔の目立つところに居座ってしまうシミですが、実は一口に「シミ」とは言っても種類があるということ、ご存知でしょうか?

 

私たちの体や顔にできるシミ、いったいどういう種類があるのでしょうか。

 

 

 

■老人性色素斑

 

もっともポピュラーなシミがコレです。

 

一般的な「シミ」の多くはこの老人性色素斑と言われていて、名前のとおり中高年にに多いシミだと言われていますが、たとえ20〜30代でできたシミであっても「老人性」色素斑と言われます。

 

この老人性色素斑ができてしまう主な原因は、やはり紫外線。

 

そのため、顔の中でも特に紫外線が当たりやすいとされる頬などによくできます。

 

最初はその範囲も小さいですし、色もうっすらとできていますが、その後また紫外線を浴び続けることによってどんどん範囲が大きくなったり、色濃くなっていくのが特徴です。

 

ですから、老人性色素斑を作らないようにするためには、紫外線を極力浴びないようにするのが最も重要な予防策だと言えます。

 

 

 

■雀卵斑(そばかす)

 

いわゆる、そばかすと言われている細かなシミがこの雀卵斑(じゃくらんはん)というものです。

 

鼻や頬骨の高い部分を中心に、細かく散らばったようにできる小さなシミのことを言います。

 

このそばかすというのは、老人性色素斑のように紫外線が主な原因というわけではなく、遺伝的な要素が大きいとされています。

 

ですから、比較的小学校低学年ごろからだんだん現れ始めるのが一般的です。

 

大人になるにつれて薄くなっていくことも多いのですが、逆に紫外線を浴びることで濃くなっていくということもあります。

 

 

 

■肝斑(かんぱん)

 

よく美容液などのCMでも耳にすることがあるのが、この肝斑です。

 

肝斑は老人性色素斑とは違って、紫外線はもちろんストレスや女性ホルモンの乱れなどたくさんの原因が考えられているシミの種類です。

 

そのため、一度は薄くなったり消えたりしても再び現れてしまうということがよくあるため、女性にとっては憎きシミの一種となっています。

 

女性ホルモンが関係しているシミのため、妊娠中にも現れやすいと言われています。

 

 

 

■脂漏性角化症

 

まるでいぼのように盛り上がった状態になっているシミです。

 

シミが硬くなって盛り上がっているため、化粧品などでは効果がないのでレーザーで削るなどの治療が必要になります。

 

顔だけでなく手などにもできてしまうことがあり、腫瘍の一種ともされています。

 

 

 

■炎症性色素斑

 

その名の通り炎症が起こったあとに残ってしまったシミのことを言います。

 

そのため、顔だけではなくて腕や足などにもよくできるシミです。

 

蚊にかまれたあとやニキビの痕などをはじめ、傷痕が治ったあとに残るのもこの種類。

 

色素沈着を起こしてしまっている状態なので、ビタミンCをはじめとした美白効果のある成分を摂取したり、塗ることが有効だと言われています。